足立 一男

自己紹介
足立氏は2008年にアドバイザーとして東京大学TLO
に参加しました。

それ以前は、15年間カナダのアルバータ州立大学の技術移転組織で技術移転活動を行い、2009年3月まではTEC Edmonton(エドモントン経済振興公社とアルバータ州立大学とのジョイントベンチャー)の技術移転ディレクターを務めていました。

アルバータ州立大学の技術移転オフィスに加わる前の主な経歴を紹介します。
千葉大学で理学士を取得し、カナダで生化学の博士号を取得しました。カナダのSaskatchewan大学で生化学の助教授となり、その後エドモントンにある製薬企業で7年間勤務しました。SynPhar研究所(大鵬薬品との合弁企業)で生物学分野における研究開発責任者を務めた後Janus Pharmaceuticals社(カンザスを拠点とするエドモントンのバイオベンチャー企業)の副社長として経営メンバーを経験しました。

この他の活動としては、国際特許流通シンポジアム、UNITTやAUTM-Asiaなどのコンフェレンスで数多くの技術移転に関する講演を行っています。