TODAI TLO

製品化事例

  • 筋骨格モデル動作解析ソフトウェア『 nMotion musculous 』

    nMotion musculous(エヌモーションマスキュラス)は、東京大学大学院情報理工学系研究室中村仁彦教授、山根克准教授らの研究成果を基に開発されたソフトウェアです。 通常の動作解析で、関節角度や関節モーメント・関節パワーから運動学、動力学計算ができるのはもちろん、筋張力・筋活性度と…
    続きはこちら
  • 微細気泡発生装置

    流体中で急激な圧力変化を起こした際に発生するキャビテーション現象(空洞現象)を利用した、液中に微細な気泡を供給することができる技術を製品化しています。 マイクロナノバブル(ファインバブル)を高濃度に発生させる「ハイブリッドバブルシステム」は、自動車関連をはじめ各種製造業における製品や部品の…
    続きはこちら
  • 光ファイバ結合デバイス ファイバアライナ『FA1000S_θ』

    FA1000S_θは自由空間中のビームをファイバに結合させるための装置で、高い結合効率を長時間保つことが可能です。 この装置は独自に開発した球体ジンバル機構により、2つのθ軸を調整しても光ファイバの入射ポイントが球体の中心から全くと言っていいほど位置ずれを起こしません。そのため2つのθ…
    続きはこちら
  • 酸性オルガネライメージング用pHプローブ『AcidiFluor ORANGE™』

    AcidiFluor ORANGETMは、酸性環境下で蛍光が大幅に増大する蛍光イメージング用プローブであり、リソソームや後期エンドソーム、膜顆粒などの酸性オルガネラを選択的に染色可能です。優れた選択性を持って酸性環境を検出し、酸性オルガネラ内の環境に相当するpH 5.0では、生理的pH 7…
    続きはこちら
  • 膝関節診断支援システム『KOACAD』

    『KOACAD』は、東京大学大学院医学系研究科 岡 敬之特任助教が、株式会社イノテックとの共同開発を通して開発した、デジタルX線写真(レントゲン写真)から膝関節診断をする上で必要となる骨の各測定値を自動抽出し、膝関節の診断を支援する技術(特願2006-279562)に基づくシステムです。 …
    続きはこちら